2016年6月26日日曜日

お手柄!秋田県警由利本荘署 「市役所職員」名乗る詐欺、間一髪で被害阻止

2016年06月26日 08時01分 読売新聞
秋田県警由利本荘署は24日、由利本荘市内の60歳代女性が「市役所職員」と名乗る男からの電話にだまされ、いったんは現金100万円の送金手続きをしたものの、相談を受けた同署員が素早く金融機関に取引停止を指示し、被害を未然に防いだと発表した。


 発表によると、女性宅に電話があったのは同日午後0時30分頃。「健康保険料の過払い金がある」と言われて市内のスーパーの現金自動預け払い機(ATM)へ行き、同1時45分頃、電話の指示に従って操作しているうちに、100万円の送金手続きをしたことに気付いたという。相談を受けた署員がただちに金融機関に照会して取引を停止させ、間一髪で入金を防いだ。

 同署は「ATMへ行けという電話は間違いなく特殊詐欺。ただちに警察に通報を」と注意を呼び掛けている。

相変わらずこの手口は後を絶たないね。
これだけ啓もうしても根絶やしにできないんだもんな。
やっぱり田舎の方は、まだまだ多いんだろうな。
しかし、止められるもんなんだな。
すぐに送金されるのかと思ってた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

詐欺相談窓口

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express