2016年6月30日木曜日

住吉会トップ提訴、特殊詐欺「使用者責任」問う

2016年06月30日 14時43分 読売新聞 

指定暴力団住吉会系組員らによる特殊詐欺事件で、被害者の女性7人が30日、住吉会トップの西口茂男総裁(87)ら7人を相手取り、慰謝料を含め計約2億2260万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 

弁護団によると、特殊詐欺を巡り、暴力団トップの「使用者責任」を問う訴訟は全国で初めて。

 他に訴えられたのは、住吉会の関功会長(70)、福田晴瞭はれあき前会長(72)と、詐欺グループの指示役だったとされる同会系組長(49)(詐欺罪で公判中)ら。

 弁護団によると、訴えを起こしたのは関東や関西などに住む63~86歳の女性7人。女性らは2014年1~7月頃、詐欺グループから実体のない医療研究会社の社債購入などを持ちかけられ、1人あたり約750万~約8500万円を詐取された。

これで、暴力団側が負ければ、資金調達の道がまた一つなくなりますね。
しかし被害に遭った女性たちが良く決意したものだ。
報復を恐れて泣きねいる人が多と思うんだよね。
勇気があるなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

詐欺相談窓口

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express