2016年7月31日日曜日

警察官装う詐欺で1500万円被害 宇都宮

7月29日 20時14分 NHK
28日、宇都宮市の70代の女性が、警察官を装った男から「保管している現金の中に偽札があるかもしれない」などと、うその電話を受けて1500万円をだまし取られ、警察は詐欺事件として捜査しています。
警察によりますと、28日午後1時ごろ、宇都宮市に住む70代の女性の自宅に市の職員を装った女などから、「詐欺の被害に遭うかもしれないリストに載っているから気を付けてほしい。通帳の番号や残高を教えてほしい」と電話がありました。

 
このあと、宇都宮中央警察署の警察官を名乗る男から「お宅で保管している現金の中に偽札があるかもしれない。調べるので警察官を向かわせる」などと電話がありました。そして女性は自宅に私服姿で現れた警察官を名乗る男に、家に保管していた現金1500万円を渡しだまし取られたということです。

警察は詐欺事件として捜査するとともに、「警察官がお金を取りに行く」という不審な電話があったときは必ず警察や家族に相談するよう呼びかけています。
こう言うのってあるわけないじゃんと思いつつ、警察だからなって信用したり、拒否して逮捕されないかとか余計な事を考えちゃうんだろうな。
私もそう考えてしまう。

こういう巧妙さはヤバイね。
深層心理を突いてくるもんな。
捜査上お答え出来ないって言われたらアウトだしね。

2016年7月30日土曜日

詐欺防止に啓発はがき配布

2016年7月30日 長崎新聞
暑さと詐欺には気を付けて-。稲佐署と稲佐地区金融機関防犯協会(松田裕造会長)は29日、振り込め詐欺などの特殊詐欺に注意を呼びかける啓発はがきを、小江原地区を中心に高齢者約千世帯に配布し始めた。くじ付き暑中見舞い用はがき「かもめーる」を使用した。

 
 
同署は、特殊詐欺防止のため2013年から高齢者に啓発はがきを配布している。同署は今年、小江原地区を「高齢社会総合対策重点推進地区」に指定し、交通事故や特殊詐欺の防止に老人会などと連携して取り組んでいる。

 啓発はがきの表面には「振り込め詐欺にご用心」、裏面には「携帯をもってATMへは詐欺」「裁判になるは詐欺」などと記載し、詐欺の手口を具体的に紹介している。

 同署の連絡先も表面に記載。同署は「自宅の電話付近にはがきを設置し、不審な電話がかかってきたら警察に相談してほしい」と注意を呼びかけている。
この企画は良いね。
でももし巻き込まれたらこうしましょうっていうのが欲しいね。
確認・確認・確認。
なんでも確認。家族も理解を。って事で、日本全国でやった方がいいと思うんだけどね。
そうすれば、違う地方に行っている家族がいても、安心して確認出来るしね。
これは詐欺です!だけでは、折角の企画がもったいないね。

2016年7月28日木曜日

特殊詐欺講座が好評…県が各地で開催

2016年07月28日 読売新聞

振り込め詐欺や還付金詐欺をはじめとする特殊詐欺被害の防止に向けて、県が2015年6月から各地で開催している「訓練型出前講座」が好評だ。県に出向中の警察官が犯人役を務め、詐欺グループがよく使うフレーズを電話で語り掛け、受講者に対処法を指導する。県は「詐欺に遭わないためには日頃から対応を訓練しておくことが大切」として、今後も精力的に講座を開く予定だ。

 

「風邪をひいていて声の調子が悪いんだけど」「重要な書類が入ったかばんを落とした」「200万円を用意しないと会社をクビになる」――。

 今月22日に千曲市で開かれた講座。県くらし安全・消費生活課で防犯担当の松原寛課長補佐(41)が受話器を握りながら、特殊詐欺犯がよく使う言い回しを紹介した。

 講座では、15年3月まで警察官として特殊詐欺捜査に携わった松原課長補佐が、息子や孫を装って言葉巧みに会話を進め、受講者に詐欺に巻き込まれる過程を疑似体験させる。町内会などからの要請で開催し、この1年余りで開催回数は52回に上り、受講した人は2000人を超えた。

 受講者には「家族で決めている合言葉や、ペットの名前を聞き返してみましょう」と対処法も指導する。千曲市での講座に参加した女性(64)は「さっそく家族にも教えて対策したい」と話していた。

 松原課長補佐によると、被害を受ける人の多くは「詐欺はひとごと。自分は大丈夫」と思っているという。「電話を使って生々しく犯人の手口を体験すれば、効果があるのでは」と考え、講座を発案した。

 県によると、県内では15年中に297人が特殊詐欺被害に遭い、被害額は計約8億円に上った。振り込め詐欺以外にも、県や市役所職員をかたり、年金や保険料の「払い戻しがある」と信じ込ませ、現金自動預け払い機(ATM)から振り込ませる還付金詐欺も多い。

 松原課長補佐は「特殊詐欺はすべて電話から始まる。電話の内容を見きわめ、怪しければすぐに切る、と日頃から心がけてほしい」と話している。

 講座の申し込みなど、問い合わせは県くらし安全・消費生活課防犯担当(026・235・7174)。

電話の内容よりも、受けたらお金を用意するよりも、かけ直し。
まず確認。
それしかないと思うんだよね。
こういう講座を随時公開して、啓蒙するのも一つだけど、参加出来なかったりした場合はそれだけ発見が遅れると言うこともあるからね。

2016年7月26日火曜日

広島カープチケットで詐欺容疑 無職女を逮捕 

2016.7.26 19:47 産経

プロ野球広島カープのチケットを販売すると会員制交流サイト(SNS)に投稿し、連絡を取ってきた相手から現金10万円をだまし取ったとして、広島中央署は26日、詐欺容疑で、広島県三原市小泉町の無職本重朋恵容疑者(34)を逮捕した。

 
 
逮捕容疑は、3月20日午前10時半ごろ、チケットを持っていないにもかかわらずSNSの掲示板に「チケットを誰か買い取りませんか」などと投稿し、広島市の男性(36)に現金10万円を自分名義の口座に振り込ませ、詐取したとしている。容疑を認めている。

 同署によると、本重容疑者は容疑を認めている。3月下旬に男性から相談があり発覚した。

浅墓。
口座に振り込ませたら足ついちゃうのに。
なんでこんな事も判らないのだろう???

ダミーのSNSID、受け渡しは第三者を介在させる。
特殊詐欺の典型だけど、これって、足取りを掴ませないようにする為なんだよね。
これだけ足取りがはっきりしていたら、そりゃ捕まるよ。
ってか10万円ってどんなチケットなんだよ。

2016年7月25日月曜日

実在の会社名かたる詐欺急増 消費者庁が注意呼びかけ

2016年7月25日20時46分 朝日新聞
消費者庁は25日、実在する二つの会社名を悪用し、金銭をだまし取る手口が広まっていると注意を呼びかけた。

一つは、東京都千代田区の資産運用会社「ブラックロック・ジャパン」の社名を使い、国内で売却困難なウズベキスタン通貨スムの購入をすすめるもの。過去に悪質商法の被害に遭った人に電話をかけ、「被害回復できる」と言い、パンフレットを送付。その中で社名や住所などが悪用されている。消費者庁は被害者名簿が出回っているとみている。

 もう一つは、渋谷区の動画配信会社「U―NEXT(ユーネクスト)」をかたった有料動画サイトの未払い金の架空請求。携帯電話に料金を請求するショートメッセージサービス(SMS)を送りつけ、消費者が記載された電話番号にかけると、同社名をかたり、金銭の支払いを要求する。

 ブラックロック社は「当社の事業とは一切関係ない」、ユーネクストは「SMSで料金を請求することはない」と、それぞれ注意を呼びかけている。

 ブラックロック社の社名を使った手口では、消費生活センターなどに10人から相談があり、そのうち5人が計約2千万円をだまし取られた。ユーネクストに関しては192人から相談があり、20人が計1100万円を支払ったという。
実在の会社っていうのは、勝負に出たよね。
ばれる確率が高いから、短期勝負になるだろうな。
最近の消費者は身に覚えがないと調べたりするからね。
そして、電話番号が全く違ったりしたら無視するか、HPの電話番号に問合せするもんね。
ホントこう言うのが今後増えるんだろうな。
youtube ニコ動なんて、少なからず思い当たる節がある人が多いかもしれないもんね。

2016年7月24日日曜日

400万円手渡す…女性が詐欺被害 長男装う電話信じ/さいたま

2016年7月23日(土) 埼玉新聞
23日午前7時40分ごろ、さいたま市西区の無職女性(77)が「400万円をだまし取られた」と大宮西署に届け出た。

 
 
同署によると、21日午前10時ごろから数回にわたり、女性宅に同区内に住む会社員の40代の長男を装う男から「財布と携帯電話を病院に忘れた」「財布に会社のカードが入っており、決算までに4500万円を準備しなければならない」などと電話があった。信じた女性は同日午後3時半ごろ、同市中央区の路上で上司の息子を名乗る男に現金400万円を手渡した。22日夜に長男と会い、だまされたと分かった。

 現金を受け取った男は20歳ぐらいで茶髪、緑色の作業着姿だったという。同署で詐欺事件として調べている。

やっぱりこの手の詐欺対策は振り込む前、渡す前に確認の為のコールバックが必要だって。
警察は全戸にチラシを配る位の事をしないといけないよ。
インターネットで啓もうしても、インターネット世代じゃない人たちがターゲットになっているんだからね。

2016年7月23日土曜日

おれおれ詐欺で160万円被害 小山

7月22日 16:03 下野新聞
22日、小山市、無職女性(69)からおれおれ詐欺で現金160万円をだまし取られたと警察に届け出があった。小山署は特殊詐欺事件として捜査している。

 
 
同署によると、20日午前10時ごろ、女性宅においを名乗る男らから「書類をなくした。書類は今日取り引きがある金額がかかれている。取引先に現金で支払わなければならない」などと電話があった。これを信じた女性は同日午後3時20分ごろ、自宅付近の路上で、同僚を名乗る男に現金160万円を渡したという。
甥からの電話ってそうそうないもんね。
声では判断できないかもしれない。
こんな時はやっぱりコールバックしないとね。
多額の現金を要求されたら、まずコールバックで確認。
これをチラシで全戸に配るしかないんじゃないかな?

2016年7月22日金曜日

偽「Pokémon GO」アプリ43種類確認、まとめ風サイトで詐欺サイトへの誘導も

2016年7月21日 15:15 INTERNET Watch

トレンドマイクロのモバイルアプリ評価機能である「Mobile App Reputation(MAR)」の統計によると、Pokémon GOのアプリ名が付いたAndroidアプリの検体(APKファイル)を20日時点で44種検知。この中には「Google Play」から入手できる正規版のAPKファイルが1種含まれる。

~中略~

 
日本の利用者を狙った詐欺的なウェブ経由の誘導事例も確認されている。
この事例では、掲示板風のサイト上での書き込みに似せた表示により、偽のキャンペーン情報へ利用者を誘導。
表示ではオフィシャルサイト上のURLのように見えるが、実際のリンク先はポイントサイト(お小遣いサイト)への誘導になっている。

 表示内容と異なるリンク先へ誘導する手口はウェブ上で日常茶飯事的に起こっているが、モバイル端末はPCと異なりリンク先を確認しにくい。
利用者の注意が薄いなどの理由から、実際に不審なURLへアクセスされる事例が多い。

 トレンドマイクロでは、正規のAndroid向けアプリマーケットであるGoogle Playや、携帯電話事業者が運営するような信頼できるサードパーティマーケットからのみアプリをインストールするように呼び掛けている。
また、普段はAndroid OSのセキュリティ設定から「提供元不明のアプリのインストールを許可する」の設定を無効にすることを推奨している。

 さらに、ウェブやSNS上の表示やダイレクトメッセージなどにより、不審なURLへ誘導する手口も多く見られているため、表示されているURLと実際のリンク先を確認するように注意を促している。

目ざとい人たちは早いね。
しかし、おいしい話には必ず裏があるんだよね。
そう言うのだと、痛い目に遭うかがっかりするか。
ゲームは楽しむものだから、こう言うのは見ない方がいいよね。

2016年7月20日水曜日

還付金詐欺で78万円被害 新潟・西区の80代男性

2016/07/20 18:57 新潟日報
保険料の還付金名目で現金約78万円をだまし取られたとして、新潟市西区の80代男性が20日、新潟西署に被害を届け出た。同署は特殊詐欺事件とみて捜査している。

 
新潟西署によると、男性宅に19日、市職員を名乗る男から「保険料を還付する。近くの現金自動預払機(ATM)で銀行職員が手続きをする」と電話があった。男性が近くのショッピングセンターのATMに行くと、銀行員をかたる男から携帯電話に連絡があり、指示通りにATMを操作し現金約78万円を振り込んだ。

 男性は帰宅して明細書を確認。残高が減っていたため家族に相談し詐欺と分かった。
こう言うのはホント腹が立つ。
ってかさ、詐欺知ってあらゆる意味でスキルが高いんだよね。
そのスキルを他に活かせば良い物を、なんで弱者にたかるかな。
こういう犯罪はホントムカつくわ。

2016年7月19日火曜日

「7億円当選」メール詐欺 アマゾンギフトカード1800万円被害 京都の男性

2016.7.19 20:02 産経新聞
「あなたに7億円が当選した」とするメールを受け取った京都市伏見区の60代男性が、約1800万円分のアマゾンギフトカードの情報を何者かにメールで送信し、だまし取られる被害に遭ったと19日、京都府警伏見署が発表した。同署が特殊詐欺事件として調べている。

 
 
同署によると、6月7日、男性の携帯電話に「あなたに1等7億円が当選した」などとするメールが届いた。信用した男性が返信したところ、「一時金の預かりが必要」として、アマゾンギフトカードを購入しカード番号の写真をメール送信するよう指示するメールが届いたため、男性は従ったという。

 その後も、「ロックがかかった。復元のため500万円必要」など、さまざまな理由で繰り返し要求があり、男性は7月14日までに、複数のコンビニでアマゾンギフトカード約370枚(約1800万円分)を購入し、カード番号を送信したという。男性の行動を不審に思った妻が男性から事情を聞き、欺されていると気付いたという。

あいや~~~~。
っか、買ってもいない物が当たるわけないだろうに。
銀行のATMで購入していたのかな?
それなら、新手の詐欺が発生した事になる。
銀行のATMで購入すると、銀行預かりになるらしいから、銀行名でこんなメールが来れば、信じちゃうかもしれない。
ってかその前にひかえを確認するだろうし、自動的に振り込まれるから、こんな事にはならないんだけどね。
その辺の手順を熟知していない人が引っ掛かったんだろうな。
便利は詐欺の温床になってしまう。
便利になった時は、詐欺の対策もしないとダメな世の中になったね。

2016年7月18日月曜日

女性がだまされたふり 詐欺未遂疑いで2人逮捕

7月18日 信濃毎日新聞
木曽署と県警捜査2課は17日、詐欺未遂の疑いで、ともに無職で、住所不定の湯本崇(20)、千葉県船橋市の伊藤春樹(32)の両容疑者を16日夜に現行犯逮捕した―と発表した。同署などは、湯本容疑者が特殊詐欺グループの現金受け取り役「受け子」、伊藤容疑者が「見張り役」とみて調べている。グループからの電話を不審に思った女性が同署に届け出て、だまされたふりを続けたという。

 
 
逮捕容疑は、今月中旬ごろに、木曽郡内の80代女性宅にボランティア団体職員や関連会社を装って複数回電話し、「東日本大震災で家がない人に仮設住宅を造る資金を送るために名義を貸してほしい」「名義を貸した行為が犯罪になる」「200万円支払ってもらいたい」などとうそを言い、現金をだまし取ろうとした疑い。

 だまされたふりを続けた女性宅に現金を受け取りに来た湯本容疑者と、車で一緒に訪れた伊藤容疑者を警戒中の警察官が逮捕した。
80代の女性、ナイスな機転ですね。
今後こういうケースが増えて、このケースの詐欺は少なくなるかもしれないが、新たな事案が出てくるだろうなぁ。

詐欺は対策が後手後手になっちゃうのがネック。


2016年7月17日日曜日

ポケモン Goの詐欺、マルウェア、プライバシー侵害からデバイスを保護する方法

無料ポケコイン詐欺
Pokemon Go にはゲーム内課金があり、ユーザーは実際のお金を使って「ポケコイン」と呼ばれる仮想通貨を購入することができます。

"Pokemon Go free coins generator" を検索してみると、古典的なアンケート詐欺ページへのリンクが見つかります。

詐欺サイトに進んだユーザーは、Pokemon Go でのユーザー名と、希望するコインの枚数をたずねられます。
なかには、禁止行為の解除が保証されるといった追加機能を謳う詐欺もありますが、実際には動画が再生されてから、「人間であることの確認」に進むだけです。

アンケートに回答してアプリケーションをインストールするか、サービスに登録するよう求められます。その指示に従っても、無料でポケコインが入手できません。

無料のポケコインを受け取るには、Twitter や Facebook でメッセージを打ち込んで共有してください、と指示する詐欺もあります。


Pokemon Go に偽装してトロイの木馬を仕込んだアプリが、非公式のチャネルに登場
使えない地域では、非公式のサイトからアプリをダウンロードするようになっています。

攻撃者は、そうした需要を狙い、Android デバイスを標的にしてトロイの木馬を仕込んだアプリを作成しました。
マルウェアの作成者はリモートアクセス型のトロイの木馬(Android.Sandorat)を Pokemon Go に偽装し、各種のダウンロードサイトやゲーミングフォーラムで拡散していました。
偽装したマルウェアをインストールすると、Pokemon Go のスタート画面が表示されるので、ユーザーは何か異常があるとは気づきません。
しかしその裏では、攻撃者がデバイスのアクセス権を完全に掌握してしまいます。

Pokemon Go チートツール
悪質な活動とは別に、外を歩き回ることなくポケモンを捕まえたりタマゴからかえしたりできるように、いんちき(チート)をしたがるプレイヤーも現れています。

拡張現実(AR)を使ったゲーム「Ingress」のプレイヤーも使っていました。
Ingress は、Pokemon Go と同じ Niantic 社によって 3 年前に開発されたゲームです。
同社は、Pokemon Go でも同じことが起こると予測しており、GPS を不正に利用したプレイヤーに対して 1 時間のプレイ停止を課すと発表しています。
GPS 偽装ツールを装ったマルウェアはまだ確認されていませんが、Pokemon Go のユーザーベースが増えれば現れてくる可能性もありそうです。

Pokemon Go で可能なチートは、ほかにもあります。Pokemon Go のアプリは現在、証明書ピンニングをサポートしていません。
不正ユーザーは信頼できる証明書を独自に作成してデバイスにインストールし、単純な中間者(MITM)プロキシを使って通信を傍受することができます。
この方法では、リモートのデバイスに対して攻撃を仕掛けることはできませんが、Pokemon Go のバックエンド API に存在する脆弱性を見つけることは可能です。
そのため、ユーザーがアイテムを増やす要求を自動化したり書き換えたりできる可能性もあります。


対処方法

モバイルのセキュリティ問題に関しては、攻撃を受けるリスクを減らすために、以下の推奨事項に従ってください。


  • 非公式のマーケットプレイスからは Pokemon Go をダウンロードしない。攻撃者は、正規のゲームに偽装したマルウェアを拡散するために非公式のサイトを利用しています。
  • Google アカウントへのフルアクセスを要求しなくなるアップデート版をインストールする。
  • ゲームのチートツールは使わない。詐欺の場合や、マルウェアを含んでいる場合があります。
  • 脆弱性を悪用されないように、スマートフォンのファームウェアを最新に保つ。
  • Pokemon Go のアカウントには強力なパスワードを使い、他のサイトと兼用しない。
  • アプリが要求する許可の種類に注意する。
  • デバイスとデータを保護するために、ノートンなど適切なモバイル用セキュリティアプリをインストールする。

2016年7月16日土曜日

特殊詐欺発生の地域、一目で…警視庁防犯アプリ「デジポリス」

2016年07月16日 08時01分 読売新聞
警視庁のスマートフォン防犯アプリ「デジポリス」の機能が、15日から強化された。

 
 
同庁によると、これまでオレオレ詐欺と還付金詐欺の発生を区市町村ごとに1日3件まで地図で表示していたが、発生数が少ないと誤解される恐れがあった。そのため表示数の上限をなくし、手口を架空請求詐欺などにも広げる。

 また、痴漢被害に遭った場合に「痴漢です」などと画面表示する機能を追加。この機能を使うと家族などに位置情報付きメールが送られ、関係者を通じた通報も期待できるという。

 デジポリスは無料配布を始めた3月以降、ダウンロード数が6万5400件を超えており、同庁幹部は「防犯のために有効活用してほしい」と話している。
これは便利だね。
でも高齢者も使えるようにした方がいいよね。
もう少し改良の余地がありそう。

2016年7月15日金曜日

梅雨・暑さ対策関連グッズの詐欺サイトが増加

時事ドットコムニュース
2016年6月度は、5月と比較して総検知数は若干減少したものの、引き続きワンクリック詐欺や不当請求サイトの検知数が非常に多い状態が続いています。実際に動画サイト閲覧で架空請求詐欺被害に遭い、100万円を超える電子ギフト券を購入させられる詐欺事件なども発生しています。犯罪グループは金銭に結び付く成果を上げられる限り、同様の手口を継続するものと考えられるため、引き続き消費者への注意喚起が必要です。

 
その他、梅雨・暑さ対策関連グッズの詐欺サイトが増加しました。昨年は夏用布団やクーラー、扇風機などの商材が多く見られましたが、今年は商材がより多様化しています。既に大手オンラインショッピングサイトでも販促活動が始まっており、その人気商材を詐欺サイトに盗用掲載している模様です。

このような詐欺サイトでは、商品を購入しても商品が届かないなどの被害に遭う危険性があるほか、入力したメールアドレスやパスワード、住所、氏名、クレジットカード番号などの犯罪者にとって有益な個人情報が搾取され、成り済ましによる不正な商品購入や、個人情報がブラックマーケットで売買される危険性もあり、注意が必要です。

こう言うのは、無くならないんだよねぇ。
オークションが多いかもしれないね。
ま、商材自体が詐欺の様な商品もあるしね。
注意しても引っかかるかもしれないね。
大手のモールだと保証があるかもしれないけれど、オークションはそれが無いだろうからなぁ。

2016年7月13日水曜日

金投資詐欺容疑で10人逮捕 被害5億円超か、兵庫県警

2016/7/13 13:24 日本経済新聞社

金地金の投資話を持ち掛け現金をだまし取ったとして、兵庫県警生活経済課は13日、詐欺の疑いで大阪市中央区の貴金属販売会社「ジェーシーアイ」の元社長、山本辰人容疑者(51)=大阪府四條畷市清滝=ら10人を逮捕した。2011年から昨年にかけ、近畿2府4県と三重県の計約260人が計5億円以上の被害に遭ったとみて捜査している。

 
逮捕容疑は共謀し12~13年、兵庫県内などの60~86歳の男女5人に金やプラチナの投資を持ち掛け、計約400万円を詐取した疑い。

山本容疑者は「違法行為はしていない」と否認している。兵庫県警は昨年10月、同社を家宅捜索。実際には金を保有せず、購入する資金もなかったとみている。

県警によると、同社は高齢者宅に電話で「金の価格が上がっている。必ずもうかる」などと勧誘し、分割払いの契約を持ち掛けていた。頭金や手数料を支払わせていたが、金の現物は渡さないままだった。解約を申し込まれても「まだ値段は上がる」などと応じていなかった。

これは、古くからの手口だけどまだ引っ掛かるんだなぁ。
確かに金は短期的な取引で無い限り、永続的に上がっていくんだけど、それを判っている人が多いから成立しちゃったんだろうなぁ。
しかし、貴金属販売店がこれをやっちゃったら、もう貴金属販売店は信用できなくなっちゃうんだよね。
業界として、何とかしないと、日本の個人向け貴金属業は壊滅しかねないね。
ってか、警察入ったから、バックに誰がいるかもわかっちゃうだろうなぁ。

2016年7月12日火曜日

診療報酬詐欺、“タレント女医”に有罪判決

7月12日17:33 TBSnews
「刑事責任は相当重いが反省している」。医師でタレントの女が、診療報酬をだまし取った罪に問われた裁判で、東京地裁は懲役3年に執行猶予の付いた有罪判決を言い渡しました。
「お店でワーと使う。みんなでリムジンパーティーしたりとか」
「(店で使った最高額は)たぶん700(万円)ぐらいかな」(番組出演時の脇坂被告)
ホストクラブでの豪遊ぶりを自慢げに語っていた女。“タレント女医”としてテレビ番組などに出演していた脇坂英理子被告(37)です。ホストクラブに投じた金の一部は、“診療報酬”をだまし取ったものでした。
 
脇坂被告は2012年からおととしにかけ、自分のクリニックで診療回数を水増しし診療報酬およそ155万円をだまし取った詐欺の罪に問われました。
「借金があり、自由に使えるお金がなく、目の前のお金が欲しかった。何度もやめようと思ったが、クリニックが軌道に乗るまでと思っていた」(脇坂被告)
これまでの裁判で脇坂被告は起訴内容を認めたうえで、「得た金はプライベートで使ったわけではない」と主張。しかし、検察官から追及されると・・・
「2013年に引き出された665万円については」(検察官)
「それは遊びに使っちゃいました。飲み代です」(脇坂被告)
12日の判決で東京地裁は、事件について「架空診療の患者役や紹介者など多数の者が関与した組織的な犯行」だと指摘。そのなかで脇坂被告は、「医師の知識を生かして虚偽のカルテを作成するなど中心的な役割を果たしていて、だまし取った金の5割を分け前として得ていた」と指摘しました。
「刑事責任は相当重く実刑も十分考えられるが、反省し被害弁償している」(裁判官)
東京地裁が言い渡したのは懲役3年に執行猶予4年が付いた有罪判決でした。逮捕以来、およそ4か月ぶりに勾留を解かれた脇坂被告は午後5時すぎ、無言で東京拘置所を後にしました。

かんたんに金になる方法を見つけるとやっちゃうんだろうな。
大阪でもあったしね。
それだけぼろい商売だと言う事ですね。

2016年7月11日月曜日

ドイツのラインラント・プファルツ州政府 中国人詐欺師を提訴へ

2016年7月10日 6時50分 Record China

2016年7月7日、独ラジオ局ドイチェ・ヴェレは記事「ラインラント・プファルツ州政府、中国人詐欺師を提訴へ」を掲載した。

 
独南西部ラインラント・プファルツ州は今、“中国人詐欺師”の話題で持ちきりだ。6月6日、中国企業・上海益謙貿易公司(SYT)がフランクフルト・ハーン空港を買収すると発表されたが、ほどなくしてSYT社が実態のないペーパーカンパニーだと判明したためだ。

ラインラント・プファルツ州政府は取引中止を発表したが、野党は州トップの辞任を要求するなど政治問題にまで発展している。この許し難い詐欺師に賠償を求めて州政府は提訴する方針を固めている。

さすが世界で暗躍する犯罪者集団「中国人」。
LINEの詐欺師も中国人が多かったと言うより、北京語のマニュアルが出回っているのが発覚しちゃったもんな。

2016年7月10日日曜日

診療報酬不正 理事長の知人を詐欺容疑で逮捕…大阪府警

2016年7月10日 00時46分 毎日新聞

大阪市浪速区の歯科医院(閉鎖)で診療報酬が不正受給された詐欺事件で、大阪府警は9日、医院を運営する徳島市の医療法人理事長、賀川幸一郎容疑者(45)=詐欺容疑で逮捕=の知人で建設作業員の大田一英容疑者(40)=大阪市東淀川区=を詐欺の疑いで逮捕した。大田容疑者は約5年前から不正受給のために患者を医院に紹介していたとされる。
 
 
捜査関係者によると、府警OBで元巡査部長の今野作治容疑者(56)=詐欺容疑で逮捕=らは昨年7月に医院を乗っ取って3カ月間で約500万円を不正受給したとみられるが、今野容疑者からの指示を受けた大田容疑者が乗っ取りに協力したという。
医院の乗っ取りというところから、話があるっていうのが、すごいな。
綿密な計画を立てんだろうな。
それくらい診療報酬詐欺は美味しいと言うことか。
実際にそうなんだろうな。
3カ月で不労収入が500万か。
関係者で割って、患者役にも渡していたら、どれくらいの手取りになるのかね。
まあ、不労収入だから、いくらでも美味しいんだろうけどね。

2016年7月9日土曜日

札幌の1500万円特殊詐欺、容疑の男逮捕 公開画像決め手

07/09 07:00 北海道新聞
札幌市中央区の80代男性が、息子を名乗る男らに現金1500万円をだまし取られたおれおれ詐欺事件で、札幌西署は8日、詐欺の疑いで、静岡県三島市寿町、無職持田恭介容疑者(24)を逮捕した。同署は、持田容疑者が特殊詐欺グループの現金回収役の「受け子」とみて調べている。

 
 
逮捕容疑は5日、何者かと共謀し、男性宅に息子を装って電話をかけ「病院で会社の通帳や契約書が入ったかばんを盗まれた。金が必要」などとうそを言い、男性の自宅近くの路上に現金を持参させてだまし取った疑い。

 道警は持田容疑者の画像を公開し、7日夜に札幌市西区のJR発寒中央駅で見たとの情報が寄せられた。札幌西署員が駅にいた同容疑者に事情を聴いたところ、「詐欺をしに北海道に来た」と容疑を認めたという。
受け子と言うことは、元締めが居るはずなんだけど、一向に元締めが逮捕されたというニュースが無いよね。
トカゲの尻尾切り的な存在の受け子を逮捕しても雨後のたけのこの様に受け子は出てくる。
元から壊滅させないとダメなんだけど、警察はまだまだそこまでいってないようだね。
受け子から元締めまではいくつもの障壁があると思うのだけれど、それを突破するのがやっぱり難しいのだろうなぁ。

2016年7月7日木曜日

高1「アルバイト感覚」おれおれ詐欺受け子で逮捕

2016年7月7日16時6分 日刊スポーツ

おれおれ詐欺の被害者から現金を受け取ろうとしたとして、警視庁巣鴨署は7日までに、詐欺未遂の疑いで埼玉県川口市の県立高校1年の少年(16)を現行犯逮捕した。同署によると、少年は「何かの犯罪ではないかと思ったが、アルバイトという意識だった」と供述している。

 
 
逮捕容疑は、共謀して4、5日に東京都豊島区の無職の女性(62)宅に30代の長男を装って「会社の金を使ってしまった。急いで用意してほしい」とうその電話をし、5日にJR大塚駅前の路上で女性から100万円入りの封筒を受け取ろうとした疑い。

 巣鴨署によると、女性が5日、金融機関で現金を引き出して自宅に戻った際、偶然訪れた長男の指摘で詐欺が発覚、巣鴨署に通報した。女性はだまされたふりを続け、同署員が大塚駅前に現れた少年を逮捕した。

 少年は「中学時代の同級生から封筒を預かるだけで5万円ぐらいもらえる話があると誘われ、その後、知らない男から受け取りの指示を受けた」と説明しているという。巣鴨署は詐欺グループが報酬を払うと持ち掛け、現金受け取り役などに未成年を誘っていたとみて調べている。

ついにこの年齢まで巻き込むようになったかぁ。
これはもっと低年齢化していくんじゃないかなぁ。
しかし、この女性。
先に息子に確認しなきゃ。
本当の電話でも、確認の為にかけ直しは必ずしないと。
警察はこの辺を啓もうしないといけないんじゃないか?

2016年7月6日水曜日

WOWOW関連会社の元社員を逮捕 架空発注で詐欺容疑

2016年7月6日19時09分 朝日新聞
架空発注により勤務先から現金をだまし取ったとして、警視庁は6日、音楽輸入販売会社「WHDエンタテインメント」(現・WOWOWエンタテインメント)の元社員松崎正秀容疑者(57)=東京都世田谷区=を詐欺容疑で逮捕し、発表した。容疑を否認しているという。
 
 
捜査2課によると、松崎容疑者は2009年9~10月、知人の男が役員を務める別の音楽会社に、音楽映像媒体のバックアップを作成する作業を外注したと偽り、WHD社から現金約100万円を振り込ませた疑いがある。

 同課は、同様の手口による被害は1千万円以上あり、そのうち約8割は松崎容疑者にわたっていた、とみている。WHD社は海外の音楽映像などを輸入して提供するため、有料放送会社のWOWOWなどが出資し設立。松崎容疑者は、WOWOWから出向中だったという。

美味しい匂いを嗅ぐのが得意だったんだろうな。
でもばれてしまっては意味がない。
やるのは簡単。
痕跡を消すのが難しい。
どうせやるならそこまでやらないと捕まっちゃうよね。
でもここまで完ぺきにやっている人はこの世の中に何人もいるんだろうなぁ。

2016年7月5日火曜日

ATM指定の電話「変だな…」 奥州、詐欺気づき通報

2016/07/05 岩手日報
県内で特殊詐欺被害が相次ぐ中、奥州市江刺区の60代無職女性が江刺署で岩手日報社などの取材に応じ、還付金詐欺に遭いそうになった経験を語った。女性は「もう一度電話がかかってくるかもと思い、しばらくは電話に出るのが嫌だった」と精神的苦痛を語り、貴重な財産を狙った犯行グループの卑劣さに憤った。

 
 
女性は4月27日、奥州市健康保険課をかたる男から電話で「累積医療費が消費増税に伴う法改正で保険料の負担分が軽減された。3万2350円の還付がある」と告げられた。さらに「昨年11月に案内を送付したが、銀行での受け取りならばまだ間に合う」と、銀行の現金自動預払機(ATM)での手続きを促された。

 女性の家族が入院していた時期もあり「自分にも実際にあり得る話」と思ったが、次にかかってきた電話で銀行員をかたる男が払い戻しに対応したATMが「江刺総合病院」にあると言った時、同名の病院は存在せず変だと思った。

 男の名前などを聞いた女性は電話を切った後、知り合いの行員に電話してそのような行員がいないことを確認。江刺署に連絡した。

今回は犯人側がしくじったので大事には至りませんでしたが、本当にある病院だったら振り込んでいたかもしれないですね。
犯人の間抜けさに感謝ですね。
しかし、こう言うのはまだまだ無くならないよね。
根本的な解決策か防御対策が無いと無理なんだろうなぁ。
それでも詐欺側は新しい方法見つけて使うだろうけどね。

2016年7月4日月曜日

ニセ電話詐欺700万円の被害 長野で70代女性

2016年7月4日 中日新聞
長野中央署は三日、長野市内の七十代女性がニセ電話詐欺で七百万円をだまし取られたと発表した。

 
 
署によると六月三十日午前、女性宅に息子を装った男から「病院で法人通帳や契約に必要な書類を盗まれた。七百万円を用意してほしい」と電話があった。女性は市内の金融機関で現金を下ろし、自宅で息子の代理を名乗る男に七百万円を手渡した。その後、息子と連絡を取って被害に気付いたという。
これも古典的だけどまだ生きてるんだね。
まず確認だよね。
まず確認、さっきのことなんだけどね、何日か待てないかね?って電話かけ直して聴けばいいんだけどね。
切羽詰まっているんだろうなぁ。

2016年7月3日日曜日

「なりすまし詐欺」15年比、被害が大幅減 福島県上半期53件

2016年07月02日 09時12分 福島民友ニュース

県内で今年1月から6月末までに確認された「なりすまし詐欺」被害は前年同期比42件減の53件、被害総額は1億5384万円で同比7203万円減少したことが1日、県警のまとめで分かった。
 
 
被害件数、被害額ともに大幅に減少しているが、昨年が過去最悪の被害件数だったこともあり、県警は「なりすまし詐欺への認識が県民に着実に広がっていると思われるが、自動音声ガイダンスを使うなどの新たな手口も出てきており、油断できない状況」と指摘する。

 まとめによると、息子などを装った「オレオレ詐欺」が24件6749万円、市町村や年金事務所の職員を装い現金自動預払機(ATM)から金を振り込ませる「還付金詐欺」が13件998万円だった。今年は特に「還付金詐欺」の被害が同比11件、265万円増と急増している。6月中の被害は7件1288万円で、うち3件242万円が「還付金詐欺」だった。不審電話は542件で、同1376件減少した。
まだまだ被害が多いですね。
この手の詐欺はどんどん手口が新しくなるから、基本的な事を徹底させないとね。
怪しい電話番号からの電話は出ない。
その為にも情報を集めないとね。
そしてそれを、高齢者の方にもわかる方法で周知しないとね。
その辺のシステムを行政と民間が一緒になって構築しないと壊滅しないんじゃないかな?

2016年7月2日土曜日

うそ電話詐欺の対応策周知 鹿児島県警がコールセンター

2016 07/01 23:00 南日本新聞

うそ電話詐欺被害を未然に防ごうと、鹿児島県警は1日、県民へ直接電話をかけて注意喚起するコールセンターを、鹿児島市に開設した。オペレーターが、高齢者らにうそ電話詐欺の手口や対応策などを周知するほか、会話の中で得た情報を被害防止や捜査活動に生かす。
 
 
対象は、犯罪組織から押収した約1万人分の名簿や、固定電話の電話帳に記載された高齢者ら。うそ電話詐欺が特定地域で多発した場合、その地域に集中的に呼び掛けるなど臨機応変に対応する。
 オペレーターは、業務委託先のNTTマーケティングアクト九州支店の女性3人が担う。平日午前9時~午後5時。12月28日までに2万人以上にかけることを目標にしている。
 1日あった開所式で、オペレーター代表が「県民の危機意識向上と被害の未然防止に努めたい」と決意表明。種部滋康県警本部長は「1件でも被害を減らし、県民の財産を守ってほしい」と期待を込めた。
 県警生活安全企画課によると、県警が昨年1年間で把握したうそ電話詐欺被害は、計64件約3億7700万円に上り過去最悪を記録。今年も5月末現在で18件約6990万円の被害を確認している。
これって逆効果にならないか?
先にこう言うの語ってかけちゃって個人情報ごっそり抜いてって事にならないだろうか?

2016年7月1日金曜日

特殊詐欺、岡谷市が非常事態宣言 今年の被害過去最悪

7月1日 信濃毎日新聞
岡谷市は30日、今年1月以降に岡谷署に届け出があった市内の特殊詐欺の被害総額が過去最悪の4071万円余に上ったことから、「特殊詐欺非常事態宣言」を発令した。岡谷署と連携し啓発を強化。市役所庁舎や市施設にポスターを張り出すほか、ホームページ、行政チャンネルで注意を促す。

 
岡谷署のまとめによると、官公庁の職員をかたった還付金詐欺や、架空請求詐欺などが計6件。3月には、株購入のトラブルをめぐる解決金名目で、1人で計2850万円だまし取られたとの届け出があった。被害者6人のうち70歳以上が5人。市内での被害は13年の計3999万円余が最多だった。

この日は市役所で、今井竜五市長が「極めて深刻な状況。ひとごとじゃないという危機感を持ってほしい」と宣言を読み上げた。同席した岡谷署の久保田正史署長は「手口は次々と変化しており、家族で合言葉を決めるなどの対策をしてほしい」と述べた。

これってもう役所でなんちゃら、HP・行政チャンネルでなんちゃらってレベルじゃない様な気がする。
おそらく引っ掛かっている人たちは、死の施設にあまり用事がない、HPハミない、行政チャンネルは見ないってことなんじゃないのかな?
だから広報活動をもっと違う形でしないとね。
面倒でも警察が戸別訪問するとか、市のパトロールカーで、アナウンスしながら市内を走り回るとか。
ひょっとしたらそういうレベルの話なんじゃないかな。
今やろうとしている方法じゃ減らないね。

詐欺相談窓口

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express