2016年7月1日金曜日

特殊詐欺、岡谷市が非常事態宣言 今年の被害過去最悪

7月1日 信濃毎日新聞
岡谷市は30日、今年1月以降に岡谷署に届け出があった市内の特殊詐欺の被害総額が過去最悪の4071万円余に上ったことから、「特殊詐欺非常事態宣言」を発令した。岡谷署と連携し啓発を強化。市役所庁舎や市施設にポスターを張り出すほか、ホームページ、行政チャンネルで注意を促す。

 
岡谷署のまとめによると、官公庁の職員をかたった還付金詐欺や、架空請求詐欺などが計6件。3月には、株購入のトラブルをめぐる解決金名目で、1人で計2850万円だまし取られたとの届け出があった。被害者6人のうち70歳以上が5人。市内での被害は13年の計3999万円余が最多だった。

この日は市役所で、今井竜五市長が「極めて深刻な状況。ひとごとじゃないという危機感を持ってほしい」と宣言を読み上げた。同席した岡谷署の久保田正史署長は「手口は次々と変化しており、家族で合言葉を決めるなどの対策をしてほしい」と述べた。

これってもう役所でなんちゃら、HP・行政チャンネルでなんちゃらってレベルじゃない様な気がする。
おそらく引っ掛かっている人たちは、死の施設にあまり用事がない、HPハミない、行政チャンネルは見ないってことなんじゃないのかな?
だから広報活動をもっと違う形でしないとね。
面倒でも警察が戸別訪問するとか、市のパトロールカーで、アナウンスしながら市内を走り回るとか。
ひょっとしたらそういうレベルの話なんじゃないかな。
今やろうとしている方法じゃ減らないね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

詐欺相談窓口

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express