2016年7月30日土曜日

詐欺防止に啓発はがき配布

2016年7月30日 長崎新聞
暑さと詐欺には気を付けて-。稲佐署と稲佐地区金融機関防犯協会(松田裕造会長)は29日、振り込め詐欺などの特殊詐欺に注意を呼びかける啓発はがきを、小江原地区を中心に高齢者約千世帯に配布し始めた。くじ付き暑中見舞い用はがき「かもめーる」を使用した。

 
 
同署は、特殊詐欺防止のため2013年から高齢者に啓発はがきを配布している。同署は今年、小江原地区を「高齢社会総合対策重点推進地区」に指定し、交通事故や特殊詐欺の防止に老人会などと連携して取り組んでいる。

 啓発はがきの表面には「振り込め詐欺にご用心」、裏面には「携帯をもってATMへは詐欺」「裁判になるは詐欺」などと記載し、詐欺の手口を具体的に紹介している。

 同署の連絡先も表面に記載。同署は「自宅の電話付近にはがきを設置し、不審な電話がかかってきたら警察に相談してほしい」と注意を呼びかけている。
この企画は良いね。
でももし巻き込まれたらこうしましょうっていうのが欲しいね。
確認・確認・確認。
なんでも確認。家族も理解を。って事で、日本全国でやった方がいいと思うんだけどね。
そうすれば、違う地方に行っている家族がいても、安心して確認出来るしね。
これは詐欺です!だけでは、折角の企画がもったいないね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

詐欺相談窓口

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express