2016年9月11日日曜日

詐欺で5人逮捕 200万人分の名簿押収

2016年9月9日 17:10 日テレニュース

高齢者からキャッシュカードや現金をだまし取ったなどとして、警察は、9日までに千葉県などの男女計5人を逮捕した。犯行拠点からは、一人暮らしの高齢者ら全国200万人分の名簿などが押収された。

 
 
詐欺の疑いで逮捕されたのは、千葉市の無職・秋本庄太容疑者(32)ら男女5人。警察の調べによると、秋本容疑者らは今年1月と7月に、静岡市の80代の女性ら高齢者4人からキャッシュカード4枚や現金350万円などをだまし取った疑い。警察は、今年2月に山形県天童市で発生した「息子をかたる詐欺事件」をきっかけに5人を逮捕した。

 犯行拠点である千葉市のビルの一室からは、一人暮らしの高齢者や健康食品の購入者ら全国47すべての都道府県の約200万人分の名簿やUSBメモリーのほか、犯行マニュアルなど計1400点が押収されている。グループによる被害は、全国で少なくとも40人、4500万円にのぼるとみられていて、警察で余罪を追及している。
こう言うのはどんどん逮捕してどんどん顔をさらしていってほしいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

詐欺相談窓口

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express