2016年11月21日月曜日

田辺市の主査・出水純子容疑者(45)が生活保護敷金で詐欺




11/21 20:17 MBSnews
和歌山県田辺市で生活保護費の支給業務などを担当していた職員の女が、提出された書類を書き換えるなどして、現金を騙し取ったとして逮捕されました。


 
詐欺などの疑いで逮捕されたのは、田辺市の主査・出水純子容疑者(45)です。警察などによりますと出水容疑者は2012年3月、生活保護受給者が転居する際にかかる敷金に対して一時金を支出する業務を行いました。その際、家主から提出された家賃証明書の「敷金」を10万円から20万円に書き換えて、市から現金をだまし取った疑いが持たれています。

警察の調べに対し出水容疑者は、「4年も前のことなのでいまはよく覚えていない」と容疑を否認しています。刑事告発した市は、少なくとも出水容疑者が処理した約700万円分を調査の対象としているということです

こういう人もいるから、生活保護費が嵩増しになっているんだろうね。
他の市区町村でもやってそうだよね。
結局、働いている一般市民がバカを見るって事になっちゃうのかな?
詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




0 件のコメント:

コメントを投稿

詐欺相談窓口

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express