2016年12月23日金曜日

偽身分証で「全銀協」装う、都内で詐欺事件多発




2016年12月23日 15時00分 読売
全国銀行協会(千代田区)の職員を装って高齢者からキャッシュカードをだまし取り、現金を引き出す詐欺事件が6月以降、都内で未遂3件も含め計33件(被害総額約4500万円)起きていることが捜査関係者などへの取材でわかった。

 同協会で使用されている身分証と酷似した偽の身分証を示して信用させており、警視庁や同協会が注意を呼びかけている。

 
 
同庁幹部によると、6月下旬、多摩地区の70歳代の女性宅に百貨店員を装った女から「あなたのカードが不正に使われた。暗証番号を変えるので、全国銀行協会に連絡して」との電話があった。教えられた番号に電話すると、同協会職員を名乗る男が暗証番号を尋ねた上、自宅に現れてカードを受け取り、直後に約500万円が引き出された。

 同様の被害は10月までに6件起きていたが、11月は19件と急増し、今月も20日までに8件発生した。被害者は60~80歳代の女性で、このうち3人は500万円以上を引き出されたという。

 同庁は一部の事件で、高齢者からカードを受け取るなどした男4人を詐欺容疑で逮捕した。その後も被害があることから、複数の詐欺グループが関与しているとみている。また、複数の逮捕者の所持品から同協会の偽の身分証が押収された。

 全国銀行協会は「職員が暗証番号を聞いたり、カードを受け取りに行ったりすることは一切ない。不審な電話があった場合は速やかに警察へ通報してほしい」とコメントしている。
詐欺の基本を行ってますよね。
本当にある期間の人間になり済まして、確実にゲットする。
昔からある手段だけど、巧妙になって来たんだろうなぁ。
しかも女性の声で誘い水して男がフィニッシュ。
組織的な犯罪だろうなぁ。
もう何もかもが信用できないね。

詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




0 件のコメント:

コメントを投稿

詐欺相談窓口

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express