2017年10月1日日曜日

印刷関連会社「ルキオ」元社長 古谷庄悟容疑者(52)=東京都大田区=ら3人を詐欺容疑で逮捕

東日本大震災からの産業復興を支援する福島県の補助金を不正に受給したとして、福島県警は27日、印刷関連会社「ルキオ」(本社・東京都、破産手続き中)の元社長、古谷庄悟容疑者(52)=東京都大田区=ら3人を詐欺容疑で逮捕した。

 他に逮捕されたのは、いずれもルキオの取引先で、静岡県沼津市の塗料販売会社役員、内藤修容疑者(70)と、福島県南相馬市の看板製作会社役員、竹内雄一容疑者(62)。

 逮捕容疑は、2014年4〜5月、共謀して南相馬市の新工場の土地や設備の購入を巡り、領収書などの金額を水増しして県に申請し、「ふくしま産業復興企業立地補助金」約10億8000万円をだまし取ったとしている。県警によると、3人とも容疑を否認している。

 この補助金は雇用の改善などを目指し、県内に工場を建てたり、設備を新設したりした企業に交付される。ルキオは14年3月に新工場で操業を開始した。その後不正が発覚し、県が昨年12月、刑事告訴していた。

2017年9月27日 20時59分 毎日新聞

この金額は凄いな。
復興優先だから、会計監査とか後回しになってしまったのでしょうか。
そのつけが後から回ってきて発覚したのだろうけど、10億も復興資金をだまし取るなんて・・・・。
地元の人たちがどんな思いでいたのかを考えたら、普通の人は出来ないですよ。
こういうのを悪魔の所業というのです。
この人たちは悪魔の手先ですよ。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




和歌山県文化振興財団管理業務課副主査 磯部知宏容疑者(49)=和歌山市太田=を詐欺容疑で逮捕

和歌山県文化振興財団は28日、県民文化会館(和歌山市小松原通1丁目)の利用者に、人件費を架空請求して4万円をだまし取ったとして、管理業務課副主査の磯部知宏容疑者(49)=和歌山市太田=が詐欺の疑いで和歌山西署に逮捕されたと発表した。財団は磯部容疑者が立場を利用し、出入り業者に架空の請求書を作らせていたとして、今後、処分を検討する。

 磯部容疑者は舞台技術の担当者。財団や同署によると、今年1月下旬に県民文化会館であった市内の学校の催しで、臨時で舞台人員を追加配置したなどとうそをつき、人件費を請求。この分は、財団の請求書とは別に、出入り業者に架空の請求書を作らせていたという。

2017年9月29日 紀伊民報

こういうのは、チェック機能が無いとなかなか表に出てこないですね。
業者も美味しい目を見たいしね。
そして、そのポジションの長であれば誰でも出来ることなんですよね。
この事案は、氷山の一角かもしれません。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




ICO市場は詐欺がまん延 米証券取引委員会(SEC) クレイトン委員長

一般投資家が殺到しているイニシャル・コイン・オファリング(ICO、仮想通貨の新規公開)の市場について、ウォール街の規制当局のトップは、恐らく詐欺がまん延していると警告した。
  
 
米証券取引委員会(SEC)のクレイトン委員長は28日、ワシントンで、「ICO市場に操作のたくらみがなかったなら驚きだ。これは小口投資家がどうなるか、私が心配している分野だ」と語った。
  クレイトン委員長の発言は、ICO市場が形成されて以来、甘い言葉で投資を呼び込み、資金が流入して跳ね上がった価格で売り抜ける詐欺が後を絶たないとしてSECが同市場を懸念していることを示す。
  オートノマス・リサーチのアナリストらによれば、SECはICOの調査を強化している。ベンチャー企業が今年、ICOを活用して調達した額は20億ドル(約2250億円)を超える。
  
原題:Wall Street’s Cop Warns ICO Market Probably Full of Fraud

2017年9月29日 11:23 Bloomberg

この手の市場ははじめからマネロンとか詐欺がもとで考えられているからなぁ。
自由な金の動きは、それだけ危ない金やリスクが付き纏うんだよね。
国家が保障するものでもないし、発行元がどんな人かも判り辛いしね。
まーそれだけ、おいしいけれど、これ美味しいんじゃない??ってわかった時にはもう遅い。
ババ引かされるだけなんだよね~。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




安藤ハザマ東北支店 茂呂吉司被告(50) 山下雄一被告(48)水増し請求で在宅起訴

福島第一原発事故の除染事業をめぐり、準大手ゼネコンの「安藤ハザマ」の社員2人が作業員の宿泊費を水増しした領収書などを福島県内の自治体に提出し、およそ7600万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部に在宅起訴されました。
在宅起訴されたのは、準大手ゼネコン「安藤ハザマ」東北支店の社員、茂呂吉司被告(50)と山下雄一被告(48)です。 

東京地検特捜部によりますと、社員2人は平成25年に福島県田村市から受注した除染事業で、作業員の宿泊費を水増しした領収書などを市に提出し、およそ7600万円をだまし取ったとして詐欺の罪に問われています。

「安藤ハザマ」は、ことし6月、福島県の2つの自治体の除染事業で、作業員の宿泊費を水増しした領収書を提出していたことを明らかにし、特捜部は詐欺の疑いで本社などを捜索し捜査を進めてきました。

関係者によりますと、社員は水増しする作業員の数や宿泊費を月ごとに一覧表にまとめて下請け会社側にメールで送り、領収書を改ざんするよう具体的に指示していたということです。

関係者によりますと、社員2人はいずれも起訴された内容を認めているということです。
9月28日 17時19分 NHK


これって、組織ぐるみですよね。
ってことは一介の社員に出来る権限等無く、東北支店の支店長か本社の指示じゃないんでしょうかね?
これが、水増しした分を2人でポッケナイナイにしていれば話は別なんだろうけど。
そんな情報もないし。
本社を含めた組織ぐるみなんじゃないですかねぇ。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




諸星学容疑者(23)ら4人、オレオレ詐欺容疑で逮捕。山梨のリゾートを拠点に活動か。

オレオレ詐欺の電話をかけて現金300万円をだまし取ろうとしたとして、23歳の男ら4人が警視庁に逮捕されました。4人は、山梨県の避暑地のコテージを拠点にしていたということで、警視庁は不審に思われないよう、人目につきにくい場所を拠点にして、うその電話を繰り返しかけ、4人を含むこのグループが2億円以上をだまし取っていたと見て調べています。 
 
逮捕されたのは、住居不詳の無職、諸星学容疑者(23)ら4人です。

警視庁によりますと、4人は今月下旬、大阪・東大阪市に住む60代の女性の自宅に、次男を装って、「旦那さんがいる女性との間に子どもができ、ばれてしまった」などとうその電話をかけ、現金300万円をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂の疑いが持たれています。

これまでの調べで、4人は、山梨県の山中湖や河口湖などの避暑地のコテージを拠点にしていて、コテージからは数万人分の名簿が押収されたということです。

警視庁は不審に思われないよう、人目につきにくい場所を拠点にして、うその電話を繰り返しかけ、4人を含むこのグループが同様の手口で2億円以上をだまし取っていたと見て調べています。

警視庁によりますと、調べに対し、諸星容疑者は「弁護士と話してから決めます」などと供述して認否を留保し、ほかの3人は否認したり、認否を留保したりしているということです。

9月28日 12時34分 NHK

疑わないで払ったということは、後ろ暗い過去でもあったのでしょうかね?
とりあえず本人に確認すると思うけど、それすらしなかったんですねぇ。
身内の恥とはいえ、本人の恥なんだから、それくらい確認すれば良いのにね。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




2017年9月18日月曜日

山田義博容疑者(64)=大阪府東大阪市玉串元町1=詐欺容疑で逮捕

通信制高校への編入を望む家庭から入学金などをだまし取ったとして、奈良県警高田署は11日までに、大阪府東大阪市玉串元町1、警備員、山田義博容疑者(64)を詐欺の疑いで逮捕した。「金は受け取ったがだますつもりはなかった」と容疑を否認している。
 県警高田署によると、山田容疑者は昨年11月、九州に本部を置く学校法人の通信制課程について、奈良県大和高田市内で編入手続きや学習サポートを代行する業務を法人との仲介業者から委託されたが、必要な業務を行わなかったなどとして、今年1月上旬に契約を打ち切られていた。
 同署は契約終了後も少なくとも10人以上から編入の申し出を受け、入学金名目などで総額数百万円を受け取っていたとみて調べる。
 逮捕容疑は今年1~2月、当時17歳の長男を通信制高校に編入させようとした奈良県上牧町の男性(42)に対し、実際は委託を打ち切られていたのに「編入させられる」とうそをつき、計約47万円をだまし取った疑い。手続きが行われず、不審に思った男性が高田署に被害届を出した。
2017/9/11 13:18 日本経済新聞社

東大阪の玉串ですか~~。
あそこはガラが悪いですよね~。
ヤクザ系が住んだりしているし、そのヤクザ系の子どもも親の看板持ちだして周り脅している人もいるしね。
東大阪の玉串だったら仕方が無いね。
あそこは私の中ではガラが悪い人が多いイメージしかない。
知り合いのお嬢さんが大変な目に合ってたよ。
その玉串のヤクザ系の子どもが、親に泣きついて親が怒鳴りこんできたと聞いているしね。
まして詐欺師までいたなんてね。
あの辺の地域は仕方が無いよ。
東大阪の玉串は引っ越す等お勧めできませんね。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




補助金詐欺で渡辺磐松容疑者(78)=新潟市西区五十嵐西= 西堀勉容疑者(62)=長岡市下条町= 逮捕

新潟署は5日、新潟市などから新潟駅前商店街街路灯のLED化に対する補助金を不正に受給したとして、同市西区五十嵐西、無職、渡辺磐松容疑者(78)と長岡市下条町、元工事会社社長、西堀勉容疑者(62)を詐欺容疑で逮捕した。

続きを読む
毎日新聞2017年9月6日

金の動くところには詐欺があると言う事ですね。
特に公共事業絡みは多い傾向にあります。
それだけ審査や監査が緩いのでしょうか?
税金で成り立っているわけだから、厳格に運用して欲しいですね。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




加藤秀明容疑者(46)=静岡県長泉町中土狩= 募金詐欺で逮捕

コンビニの募金箱から現金千円をだまし取ったとして静岡県警裾野署は12日、詐欺の疑いで静岡県長泉町中土狩の無職、加藤秀明容疑者(46)=強制わいせつ容疑で逮捕=を再逮捕した。加藤容疑者は「募金したものを返してもらっただけだ」と容疑を否認している。

 再逮捕容疑は7月16日午後11時ごろ、同町内のコンビニで女性店員に「募金箱に千円を入れてしまったが、使う用事があるので返してほしい」と嘘をつき、店舗内に置かれた募金箱から現金千円をだまし取ったとしている。

 同署によると、加藤容疑者は女性店員から受け取った割りばしを使って、募金箱から千円札を取り出したという。事件後、女性店員が不審に思い、防犯カメラを確認。加藤容疑者が募金箱に現金を入れている様子がなかったことから、同店が同署に被害届を出していた。

 加藤容疑者は3月中旬に同店の駐車場で車に乗ろうとした女性の胸を触ったとして、8月23日に強制わいせつ容疑で同署に逮捕されており、防犯カメラの映像と容姿が似ていたことから今回の犯行が発覚した。

2017.9.12 18:56 産経

この世の中には防犯カメラがあるんだよね。
それで確認出来るのだが…。
せめて入れる振りでもしておけばよかった物を、そこまで頭が回らなかったんだね。
まあ、そんなものかもしれません。
切羽詰まっていたら、冷静になれないのでしょうね。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




NPO法人「院内町活性化協議会」元会長 安部博容疑者 古賀成文容疑者 を不正受給で逮捕

宇佐市の空き家対策事業で人件費の領収書を偽造し、業務委託料を不正に受給したとして、NPO法人の元会長の男2人が詐欺などの疑いで逮捕されました。 
逮捕されたのは宇佐市のNPO法人「院内町活性化協議会」で会長を務めていた安部博容疑者と古賀成文容疑者の2人です。 
 
2人は2009年3月から4月にかけて、空き家を活用した市の定住促進事業を行った際、人件費の請求書を偽造して委託料およそ数十万円をだまし取った疑いが持たれています。 
市の調査では2人が同様の手口で不正受給を繰り返し、被害総額は782万円あまりに上っていて、市が今年1月に刑事告訴していました。 
警察は余罪を追及する方針で、認否については捜査に支障があるとして明らかにしていません。
OBS大分放送ニュース 9/13(水) 22:55
騙し取ったお金で、焼き肉などの飲み食いをしてたのでしょうかね?
せっかくいい事やっているのに、こんな事してたら、だれも見向きをしなくなってしまいますよ。
もったいないよ、ほんと。







詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




千葉県柏市 近藤繁喜容疑者 新規公開株詐欺で逮捕

千葉県柏市の無職・近藤繁喜容疑者(70)は2013年9月ごろ、東京・台東区の女性(51)に「新規公開株は買えば必ず上がる」などと架空の投資話を持ち掛け、現金40万をだまし取った疑いが持たれています。 
 
警視庁によりますと、近藤容疑者は女性に対して「証券会社にコネがあるので特別に購入できる」と話し、女性を信用させていました。近藤容疑者によるとみられる被害はこれまでに20件以上、約1000万円に上っています。近藤容疑者は調べに対して「だまし取った金で借金の返済をした」と容疑を認めています。

2017/09/14 17:21

コネがあるって言ってもなぁ。
ってかよくこんな話でだませたなぁ。証券会社の預かり証出してくれとかなぜ言わなかったのかなぁ。
普通、いくらコネがあったところで、実際に購入する場合は証券会社から説明や受け渡しで証券会社の人が来るだろうに。
まるっきり信用させる手口がすごいな。
しかも、海外の怪しい株や為替じゃなくて、日本の株だもんなぁ。
新規公開株でこんな商取引ないんだけど、信用させるとはすごいね。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




足立区 江川龍二容疑者(21) 千葉市緑区 金子大暉容疑者(21) オレオレ詐欺で逮捕 

オレオレ詐欺の電話をかけて、高齢の女性から現金をだまし取ったとして、21歳の男2人が逮捕され、警視庁は2人を含むグループが50件以上の詐欺を繰り返し、被害額はおよそ3000万円にのぼると見て調べています。2人のうち1人は容疑を否認しているということです。
逮捕されたのはいずれも無職で東京・足立区の江川龍二容疑者(21)と千葉市緑区の金子大暉容疑者(21)の2人です。

警視庁によりますと2人は今月上旬、横浜市に住む70代の女性の自宅に息子を装った電話をかけ「会社の女の子を妊娠させてしまい、示談金が必要だ」などとうそを言って、現金200万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。 

これまでの調べで、2人は詐欺の電話をかける10人ほどのグループの一員で、東京・葛飾区にあるマンションの1室を拠点に関東地方を中心に電話を繰り返しかけていたと見られるということです。

警視庁はこのグループがことし6月ごろから50件以上の詐欺を繰り返し、被害額はおよそ3000万円にのぼると見て調べています。

警視庁によりますと、調べに対し、江川容疑者は容疑を否認し、金子容疑者は「弁護士とよく話し合ってから話します」などと供述しているということです。

9月14日 16時43分 NHKニュース
確証が得られたから逮捕されたんだろうなぁ。
両方とも否認すれば誤認かとも思うけど、片方は弁護士と相談するって。
どうやったら刑が軽くなるか算段しているんだろうね。
大元を逮捕できる情報を流したら、詐欺師から一般市民の味方に変身だね。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




秋元涼耶容疑者 詐欺容疑で逮捕

孫を装って85歳の女性にうその電話をかけ、現金100万円をだまし取ろうとしたとして、自称・解体工の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは自称・解体工の秋元涼耶容疑者(20)で、15日、東京・豊島区に住む85歳の女性に「友人がお金に困っているので貸してあげてほしい」などとうその電話をかけ、現金100万円をだまし取ろうとした疑いが持たれています。
 
 
女性はこの日、すでに2度にわたって現金あわせて500万円を孫の友人を名乗る男に手渡していたということで、警視庁は詐欺グループが同じ女性を狙って犯行を繰り返したとみて、調べを進めています。
TBSnews 17日 11時18分

こういうのって自称っていうのが多いのですが、何故なんですかね?
解体工等の職種は、身分の担保が出来ないのかしら?
しかし・・・・年寄り騙すなら、金持ちの年寄り騙せば、もっと桁がはずむんだけどね。
普通の年寄りからむしり取らなくても良いじゃないか。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




「ビットコインは詐欺」JPモルガンが認定 ゴミになる。

Bloomberg 13/9/2017 

「米銀JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)は12日、同行のトレーダーが仮想通貨ビットコインの取引を行ったとしたら解雇すると言明した」 

「ダイモンCEOはニューヨークでの投資家会議で、ビットコインは『良い終わり方はしないだろう』と述べ、バブルがはじけると予言。『これは詐欺』であり、最古のバブルと言われる17世紀オランダの『チューリップ球根より悪い』と指摘した」

「同CEOはその上で、JPモルガンのトレーダーがビットコイン取引を始めたとしたら、『即座に解雇するだろう。理由は2つだ。当行の規則に反する上に愚かであり、いずれも危険なことだ』と語った」

「ダイモンCEOは、特に何か問題が発生すれば、監督を受けずに仮想通貨が流通するのを各国当局は許さないだろうと指摘した。ビットコインの基となるブロックチェーン技術については、有益かもしれないとしつつも、同技術を銀行が応用できるようになるまでには時間がかかると述べた」

「同CEOはさらに、『ベネズエラやエクアドル、北朝鮮などに住む人や、麻薬密売人や殺人者の類いであればドルよりもビットコインを使うことで裕福になるだろう』」

このような、ビットコインなどの仮想通貨への疑問視の姿勢は、世界的に強まっている。各国で規制が導入され始めており、日本の金融庁をはじめ世界の金融当局が問題しているのは、特に利用者保護とマネーロンダリングの観点である。日本の当局対応も、実は、この9月末が山となるのである。続きを読む

これでビットコインをはじめとする仮想通貨は終わった。
国家の統制下での仮想通貨は認めるんだろうな。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




2017年9月3日日曜日

ラオス通貨詐欺 1.2億円被害 大阪市北区大深町 会社役員 前田大輔容疑者(38)逮捕

毎日新聞 2017年8月30日 22時15分
ラオス通貨購入を持ちかけて高齢者から現金をだまし取ったとして、大阪府警と兵庫県警は30日、大阪市北区大深町、会社役員、前田大輔容疑者(38)を詐欺の疑いで逮捕した。大阪、京都、兵庫の各府県の高齢者ら約100人が計約1億2000万円の被害に遭った詐欺事件の指示役とみて調べる。
 
 
逮捕容疑は昨年1月、男4人=詐欺罪で起訴=と共謀し東大阪市の70代女性宅を訪れ、「ラオス通貨を100万円分購入すれば、1年後に110万円になる」などとうそを言い、100万円をだまし取ったとしている。女性はラオスの紙幣20枚(200万キープ)を渡されていたが、日本円で3万円程度の価値しかなかったという。

 府警などは今年3月、男4人を逮捕し、指示役がいるとみて捜査していた。

この手の詐欺は無くならないね。
いろんな手で方法を考えるだろうな。
しかし1年で10万円しか利益が出ないっていうローリスクローリターンで設定したのが信用を得るきっかけになったのかもね。
こういうのは得てしてローリスクハイリターンの詐欺が多かったから、ちょっと変わってきたのかもしれませんね。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




稲川会 辛炳圭(通称・清田次郎)会長 特殊詐欺使用者責任で訴えられる。

2017.8.31 12:53 産経新聞

指定暴力団稲川会系組員が関与する特殊詐欺事件グループに現金をだまし取られたとして、被害者4人が31日、稲川会の清田次郎(本名・辛炳圭)会長と組員3人を相手取り、計2665万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。特殊詐欺事件で、暴力団最高幹部の「使用者責任」を問う訴訟は全国4例目。稲川会に対しては初めて。

 訴状などによると、原告は関東や中部地方に住む60~70代女性。平成26年9~10月、息子を装った電話で「女性を妊娠させて慰謝料請求をされた」などと嘘を言われ、それぞれ250万~400万円をだまし取られたと主張している。組員3人は詐欺罪で起訴され、うち2人は実刑判決が確定している。

 弁護団は「組員による特殊詐欺は暴力団の組織を維持するための行為。会の代表者に賠償責任がある」としている。
詐欺なんかで得た金は、結局こういう風になってくるのね。
しかし、損害賠償が確定しても、清田氏は支払うだろうか?
支払われなければ、意味無いよね。
損害賠償訴訟が起きると、暴力団も稼ぎにならないから、オレオレ詐欺からは手を引くかもね。
ただし、ほかの集金モデルをもう探していると思いますよ。
おそらく東南アジアに出向くのではないかなぁ。
山口組がそれで成功しているらしいしね。







詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




人形作家 堀佳子(よしこ)(54)=東京都=と無職の渡辺志保(54)=岡山県= 詐欺で逮捕

毎日新聞 2017年8月30日

人形制作代金の名目で現金をだまし取ったとして、岡山地検は29日、人形作家の堀佳子(よしこ)(54)=東京都=と無職の渡辺志保(54)=岡山県=の両容疑者を詐欺の疑いで逮捕したと発表した。堀容疑者は、生きているかのようなリアルな人形を作る「生き人形作家」と呼ばれ、独特の世界観で人気を集めていた。逮捕は17日付。 

 逮捕容疑は、2013年3~4月、岡山県に住む男性(当時55歳)から人形制作代金などの名目で計815…続きを読む

行き人形の製作費ってすごくかかるんだな~~程度しか思わなかったけど、コレクターや愛好家にしたら安いものなのでしょうね。
このほかにも詐欺と思われる案件があることから、創作意欲が出なくなったか、長期間放置したか、はなっから作る気が無かったのか。
好事家を騙すには、この人はこの世界では有名すぎたね。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




2017年8月27日日曜日

「宝くじ購入に預託金」3千万円詐欺容疑で長田進容疑者(54)逮捕

2017.8.24 18:26 産経
兵庫県警姫路署は24日、「宝くじを銀行から購入するために預託金が必要だ」などとうそを言って、現金3千万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで同県宍粟市山崎町段、無職、長田進容疑者(54)を逮捕した。

 逮捕容疑は平成27年3月と同年5月ごろ、同県姫路市の飲食店経営の男性(54)に「宝くじ売り場を任されている」「金を預けてくれれば配当金を渡すことができる」などと言って、預託金として計3千万円をだまし取ったとしている。

 姫路署によると、だまし取った金は飲食代に使ったなどと話しているという。当初は、宝くじを販売した事業の配当金として、約480万円を男性に支払ったが、その後は支払いが途絶えうそが発覚。男性が今年4月、同署に相談した。
こういう詐欺って、実態が判らない商売が対象だから、口がうまかったら、乗っかっちゃう可能性がありますよね。
金を出す場合は調べてからじゃないとね。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




佐藤達也容疑者(24)と下崎寛容疑者(24)仲間割れ?脅迫して詐欺ばれる。

2017.8.27 07:07 産経
佐賀南署は、詐取した金を持ち出した詐欺グループの男を脅した脅迫の疑いで、兵庫県加東市、自称自営業、佐藤達也容疑者(24)を逮捕した。一方、女性から現金約100万円をだまし取った詐欺容疑で、脅迫事件の被害者の同県加西市、無職、下崎寛容疑者(24)を逮捕した。グループに仲間割れがあったとみて調べている。
欲の皮が突っ張ったんだろうなぁ。
そうでなければ、ひょっとしたら捕まらなかったのかもしれないのに。
金は魔物だね。
詐欺仲間を平気で裏切ることをするんだから。
まー詐欺をするような人たちだから、まともな人ではないと思うけどね。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




裁判所を悪用した詐欺発生中 松原市 無職・小林浩忠容疑者(33)逮捕

08/24 19:58 MBSニュース
面識のない他人の財産を差し押さえて現金をだまし取ったとして、33歳の男が逮捕されました。男が悪用したのはなんと本物の裁判所でした。

詐欺の疑いで逮捕・送検された松原市の無職・小林浩忠容疑者(33)。小林容疑者は東京で会社を経営する男性(30代)の債権を大阪地裁堺支部を通じて差し押え、現金約266万円をだまし取った疑いがもたれています。


小林容疑者は「支払督促制度」という制度を使って、裁判所に「男性に著作権を侵害された」とウソをついて男性の債権を差し押さえる権利を得ていたということです。「債務者に仕立て上げられた」と別の人物が検察庁に相談し、事件が発覚しました。

小林容疑者は警察の調べに対し、「弁護士が来てから話します」と答えているということです。
こういうのは知っている人しか使えない。
法の網のくぐった犯罪だけれども、ばれるリスクも高いですよね。

記録があらゆるところで残ってしまいますから。
公的機関を使った良い手かもしれないけれど、ばれるリスクを考えたらやりませんよね。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




橋本健神戸市議 政務活動費詐欺疑惑発生

8/25(金) 17:41 木村正人 在英国際ジャーナリスト
アイドルグループSPEEDのメンバーだった自民党の今井絵理子参院議員との不倫疑惑を報じられた自民党の橋本健・神戸市議(37)が5年間にわたって市政報告のチラシを印刷業者に架空発注して政務活動費(政活費)700万円を不正受給していた疑惑が週刊新潮のスクープで明らかになりました。

 

橋本市議は「半分以上配り切れず、余ったチラシは廃棄した」と架空発注を否定していましたが、神戸市内の印刷業者が24日、弁護士を通じて「実際には印刷の仕事をしていないのに、橋本市議に頼まれて請求書や領収書を発行した。商品名や数量、金額は橋本市議の指示通りに記載していた」ことを明らかにしました。

 これは刑法上の詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪に当たります。今井参院議員との関係については「一線は越えていない」と言い張ってきた橋本市議ですが、今回の政活費の不正受給は言い逃れできそうにありません。地方議員の質の低下と政活費不正受給の全国的な広がりには目を覆うばかりです。

続きを読む

もうこれは何を言われてもね。
全てエビデンスがものを言いますよ。
でも発注先の印刷会社にこんなこと言われてるのでは、エビデンスもへったくれもありませんね。

しかし、この木村さんの記事は面白い。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




不動産投資詐欺ブーム そこに潜む「詐欺師」 

2017年に入ってからアパートローン問題が表面化してきている。アパートローンが過熱している要因として、(1)相続税対策の一環としての不動産投資の急増、(2)人口減などによる地方銀行の融資先の減少、(3)2022年問題によって起こると予想される物件の供給増、といったことが考えられる。

 
ブームのあるところには、必ずそれに乗じた詐欺が横行する。人が群がる市場には、それだけ素人も多く混じっており、彼らはそこを狙ってくる。中でも、真面目で比較的信用力の高いサラリーマンは、詐欺師にとって“またとない優良顧客”というわけだ。

最近、多発している新手の不動産詐欺として、マイホームローンを使わせる手口が流行っている。筆者が運営しているマネースクールにも、すでに何件か相談が寄せられた。警鐘の意味を込めて、以下でその手口を簡単にご紹介しようと思う。

不動産詐欺の手口とは、投資用物件にマイホームローンの融資枠を利用する、というものだった。それなら金利もずっと安く済み、低い家賃収入でも利回りが上がる。契約が成立すれば、業者は1000万円以上も差益を手にできる、というからくりになっていた。

この場合、万一、物件購入後に虚偽が発覚すれば、契約違反として融資打ち切りのリスクもある。そうなったら、たとえ他の銀行の投資用ローンに切り替えできたとしても、金利はずっと高くなる。しかし借り換えができればまだ良いほうで、できなかった場合は現金での返済を余儀なくされる。

続きを読む ZUU online

まさにタイトル通り、ブームには詐欺師がつきものなのです。
この不動産投資詐欺にしても仮想通貨詐欺にしてもね。
金儲けのブームがあれば、そこに詐欺師は一斉に群がる。
こういう記事をよく読んで、自分は大丈夫だと思わない事ですね。
詐欺師はだれにでも襲ってくる。
大丈夫なのは、買わなかったり、ブームに乗っからない人だけですね。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




詐欺コインの犠牲者にならぬように ICO騙しのテクニックとは?

2017.8.27 THE BRIDGE
仮想・暗号通貨関連の話題がビットコイン、ブロックチェーンから拡大し、スタートアップ界隈の資金調達環境を変える「何か」として聞こえてくることが増えてきました。つまり、ICOと呼ばれる一連の動きです。
当然ながらこういう流動性が高まる場所には香ばしい方々が集まるのが世の常でして、いわゆる詐欺(スキャム)コインの話題が尽きないわけです。

 
ピックアップしてるVentureBeatのゲストポストはTenXというウォレットサービスを運営する創業者、Julian Hosp氏によるもので、彼らのところにもICOで一発デカく金を集めたいという人々からの問い合わせが寄せられてるそうです。わかりやすい詐欺コイン案件についてシナリオを例示してくれてますので引用してみます。(彼の考えるICO詐欺「サークル・スキーム」については原文を参照ください)
ある日、友人が最新かつ最高にイケてる「投資」を紹介する。調査した結果、すべてが正当なものであるかのように信じ込む。
そのコインはCoincap(取引されるコインがずらりと並ぶチャートサイト)にあるし、そのICO案件は多くのトラッキング・サイトに掲載されている。YouTuberがこのプロジェクトはイケてると話をしている。ーーあたかもベストタイミングでこの案件に出会ったかのように錯覚したあなたはコインに投資をしてしまう。
トークン(詐欺コイン)の価値は上がり続け、そろそろコインを売却して利確しようかと思った時、価格は無情にも下落を始める。慌ててその友人に電話してみると、彼は既に利確しており、もう少し待った方がいいとアドバイスをするわけだ。慌てるな、待て、と。
しかしもう遅い。待てど暮らせど上がる気配はなく、その時は絶対にこない。慌てたあなたはパニック売りをし、大変な損失を抱えることになるだろう。そして自問自答することになる。「私は詐欺コインを買ったわけじゃない、これは正しい投資だったはずだ」とね
こういった行為は非常に多く規制についても米国とシンガポールなどの一部で動きがある以外はまだまだ曖昧な状態のままです。寄稿者は著名人を担いでるような案件、YouTuberやブロガー、アドバイザーが熱心に推奨するような案件は賄賂が横行してる可能性があると警鐘を鳴らしてます。
続きを読む
こういうところには詐欺師が蔓延しますからね。
美味しい話の実物もあれば、詐欺もある。
ぶっちゃけやってる本人たちも大化けするか、ただの屑になるか判らない所がありますからね。
考案者たちは詐欺のつもりはないだろうけど、そこに群がってくる芳しき詐欺師たち。
美味しい話のところには必ず発生するのは世界中同じですね。
よく調べてから投資する、基本なんだけど、今だけとか、仮想通貨の場合この時間だけとか言うのが出てくるので判断を鈍らせる可能性がありますね。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




2017年7月11日火曜日

偽金塊に注意。「金塊」と偽り販売、詐欺未遂の疑いで中国籍熊永楸容疑者ら逮捕

11日 11時40分 TBSニュース
金色に塗られた置き物を「金塊」と偽って販売し、現金400万円をだまし取ろうとしたとして、中国籍の男2人が警視庁に逮捕されました。
 
 
逮捕されたのは、中国籍の熊永楸容疑者(41)ら2人で、杉並区の中国籍の女性(47)に対し、金色の置き物52個を「金塊だ」と偽って販売し、現金400万円をだまし取ろうとした疑いが持たれています。
 2人は置き物の一部をノコギリで切り取る素振りをして、本物の純金の破片を女性に渡し、信じ込ませたということですが、「工芸品を売ろうと思っただけだ」と容疑を否認しています。
 新宿区内では今年4月以降、同様の手口による被害が相次いでいて、警視庁は、同じグループによる犯行とみて捜査しています。
工芸品を売るのは良いんだけどさ、素材や材質を偽っちゃ詐欺になっちゃうよ。
その辺はうまくごまかすのが詐欺師なのだろうけど、演技が下手だったね。







詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




藤山嘉崎(じゃちー)容疑者ら3人逮捕 顧客ポイントで商品詐取の疑い 大阪府警

毎日新聞2017年7月11日
家電量販店「エディオン」の顧客のIDやパスワードを悪用してポイントを勝手に使い、商品をだまし取ったとして、大阪府警は10日、東大阪市西鴻池町1の無職、藤山嘉崎(じゃちー)容疑者(23)ら男3人を詐欺などの疑いで逮捕・送検したと発表した。藤山容疑者は「中国人の男からIDなどを聞いた」と供述。商品は転売されて代金の一部が男に送金されてお…続きを読む
これってどこから漏れたんだ????
って話だよ。
入手先の中国人はどこから手に入れたんだろう。
ただで情報を得たとは思えないんだけどな。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




元日ハム・稲葉篤紀のタニマチ 菅谷公彦弁護士、巨額詐欺で逃亡

アサ芸プラス 2017年7月11日 05時56分
今年3月1日、東京地方裁判所は、東京弁護士会所属の弁護士に対して約7100万円の支払いを命じる判決を言い渡した。これがスポーツ界を巻き込む騒動となっているのだ。法曹関係者が内情を説明する。 
 
「今回、支払い判決が出たのは、菅谷公彦弁護士(50)。13年に民事トラブルの対応を委任された菅谷氏は、依頼者が受け取るはずだった約6000万円の和解金を横領していたことが発覚した。その事実に気がついた依頼者は、菅谷氏に返金を求め続けたが応じなかったため、昨年秋に都内の法律事務所に相談。担当した代理人の弁護士は、菅谷氏に返金を求める通知書を送りましたが、これを無視された。そのため、菅谷氏の法人名義の銀行口座の仮差し押さえ手続きを行ったところ、この時すでに預かり金口座の残高はわずか1224円しかなかった。そこで、昨年11月末、事態は菅谷氏らに損害賠償を求める訴訟へと進展したのです」
 しかも菅谷氏は3回の口頭弁論に一度たりとも姿を現さず、その結果、渡辺諭裁判官は「(原告の)請求を認めたと見なすのが相当」として、賠償命令を下した。
「この判決に対して、菅谷氏は控訴を行わなかったため、被告敗訴が確定した。当初、菅谷氏は、原告側に判決内容に応じる姿勢を見せていた。ところが、4月頃から音信不通になり、約4カ月が経過した現在も返金せずに、行方をくらませています」(前出・法曹関係者)
こうした相次ぐ敗訴で高額の賠償判決を受けての“逃走”とは、何とも情けない話だが、この菅谷氏こそ、関係者の間では「元日本ハムの稲葉篤紀氏(44)のタニマチ」として知られる人物だったのだ。
続きを読む

いい生活していたみたいですね。
弁護士ってただでさえ金持ってイメージなのに、更に詐欺で儲けていたとは。
そしてこの金の使い方。
いくら金があっても足りないだろうなぁ。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




中橋武彦容疑者(42)ら3人逮捕 障害者給付金、詐取容疑 福岡県警

毎日新聞2017年7月10日
福岡県警は10日、福岡市から障害者就労支援施設などに支給される給付金約3800万円をだまし取ったとして同市博多区の特定相談支援事業所「ことのは」(閉鎖)の元事務補助員で同市中央区今泉2、無職、中橋武彦容疑者(42)ら3人を詐欺容疑で逮捕した。

 他に逮捕されたのは同市城南区南片江4、飲食店従業員、平田敏之(35)と同市東区箱崎5、自営業、前田康行(39)の両容疑者。

 逮捕容疑は2015年10月~16年10月、障害者25人に就労移行支援をしたように装い、福岡市から1…続きを読む

こういうところって、職員になれば、いろいろな事務手続きの仕方を覚えるから、その後こういうことやりやすいのだろうか。
しかし障害者の支援を語り税金をむさぼるとは。
福岡県民はこういう人たちを許すのだろうか。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




2017年7月9日日曜日

タクシー料金正規に払わず逃走 大阪府警布施署刑事課巡査長木谷康貴容疑者(31)

毎日新聞2017年7月8日 10時29分
タクシー料金を払わず逃げたとして、兵庫県警西宮署は8日、大阪府警布施署刑事課の巡査長、木谷康貴容疑者(31)=同県西宮市津門稲荷町=を詐欺の疑いで現行犯逮捕した。木谷容疑者は「金が足りないと思って逃げた」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は8日午前3時ごろ、西宮市の自宅近くでタクシーを降りる際、料金約7000円のうち、約2000円だけ置いて逃げたとしている。「家から金を取ってくる」と言い残して逆方向に走り出したため、男性運転手(33)が追いかけて取り押さえ、110番した。

 西宮署によると、木谷容疑者は大阪・ミナミの道頓堀から乗車し、酒に酔っていた。財布には約6000円が残っていたという。府警の宮田雅博・監察室長は「捜査結果を踏まえて厳正に対処する」とのコメントを出した。
お金足りているじゃないですか。
確信犯ですかね。
酔った振りして、料金を踏み倒そうとしたのじゃないですかね?
大阪府警ぽい事件ですね。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




「還付金詐欺未遂」で大島哲也容疑者(32)ら5人逮捕

07/08 18:08 MBSニュース
福岡市に住む高齢の男性に「保険料の払い戻しがある」などとウソの電話をし、金を騙し取ろうとしたとして、大阪府警は32歳の男ら、5人を逮捕しました。

 
 
逮捕されたのは、東京都墨田区の大島哲也容疑者(32)ら5人です。警察によりますと大島容疑者らは今月5日、福岡市東区の70代男性に、区役所職員や銀行員をかたり「保険料の払い戻しがある」などとウソの電話をし、銀行のATMから現金を振り込ませ騙し取ろうとした疑いがもたれています。男性は暗証番号を覚えておらず、振込みはできませんでした。

 大島容疑者らは詐欺の電話をかける「かけ子」とみられていて、警察はアジトのマンションから、約3万人分の名簿や携帯電話12台、犯行マニュアルなどを押収したということです。
マニュアルがあると言う事は、大がかりな組織の末端なのかもしれない。
ここから、芋づる式にとはいかないものかねぇ。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




水からガソリンが作れます。 山本五十六を騙した詐欺師の手口

現代ビジネス編集部 
昭和16年12月8日の真珠湾攻撃のおよそ3年前、東京の官庁街・霞が関の海軍省で、「街の科学者」と称する男が、「水からガソリン」を生成する「実証実験」を行った。命じたのは、のちの連合艦隊司令長官の山本五十六。現場の責任者は、「神風特攻の生みの親」大西瀧治郎。

 
ふたりとも、大艦巨砲主義を排し、最新の戦術である航空兵力が勝敗を決するのだと主張していた、先見の明をもつ人物である。そのふたりが、「水からガソリンができる」という男の話を信じ、実際に実験を命じたのだから、驚くほかない。

なぜ彼らは、こんな話に騙されてしまったのか。「水からガソリンができる」という希望が、戦況予測に影響を与えることはなかったのか。
続きを読む

戦局が悪くなったからこんな与太話にも乗ってしまったのかもしれない。
それだけ戦争をするには無理な状況だったんだろうな。
藁にもすがる気持ちだったのかもしれない。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




詐欺グループ拠点に警察官突入 福島弘希容疑者(25)ら3人逮捕 埼玉 川口

7月6日 12時42分 NHK
埼玉県川口市のマンションの1室が詐欺グループの拠点になっていることを警察が突き止め、5日、マンションの非常階段からこの部屋に突入し、男女3人を詐欺未遂の疑いで逮捕しました。部屋からは、およそ1600人分の名簿が押収され、警察は実態の解明を進めています。
詐欺グループの拠点として摘発されたのは、埼玉県川口市のマンションの1室で、5日、警察官およそ20人がマンションの非常階段からこの部屋に突入しました。

逮捕されたのは、東京・北区の職業不詳、福島弘希容疑者(25)ら3人で、警察が部屋に突入した際、東京都内の84歳の女性に警察官を装って「あなたの口座からお金が下ろされているおそれがある。キャッシュカードを新しくする必要がある」と、うその電話をかけ、キャッシュカードをだまし取ろうとしていたとして、詐欺未遂の疑いが持たれています。

部屋からは、およそ1600人分の名前や住所が書かれた名簿が見つかり、押収したということです。3人は詐欺の電話をかける「かけ子」と見られ、警察は実態の解明を進めています。警察は捜査に支障があるなどとして認否を明らかにしていません。

突入っていうのがすごいですね。
一体何事かって感じですが、そこまでしないと逃げられちゃうんだろうなぁ。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




2017年7月4日火曜日

詐欺新手口 コンビニ決済代行利用の「仮想通貨取引所」入金架空請求詐欺多発中

2017年07月04日 15時00分 読売新聞
国民生活センターは6月29日、「コンビニ払いを指示する架空請求にご注意!第2弾―新たな手口として仮想通貨購入用の口座が詐欺業者に利用されています―」とホームページで注意を呼びかけた。

 それによると犯人は、漫画サイトやアダルトサイトの利用料金などを電話で払うように脅し、コンビニにある情報端末を操作して入金するよう指示するという。

 犯人が悪用しているのは、ビットコインなどを売買できる「仮想通貨取引所(交換所)」の入金サービスだ。仮想通貨取引所では登録時に口座を作り、そこに日本円を入金して仮想通貨を売買する仕組みになっている。

国民生活センターによると、今回の手口は昨年11月ごろからあり、今までの相談件数は約20件。まだあまり被害は多くないものの、犯人にとって都合のいい手口であるだけに今後さらに広まる可能性がある。架空請求詐欺の相談件数は年々増えており、2016年は8万3000件にのぼった。改めて注意点をまとめておく。

・「コンビニの専用端末、マルチコピー機へ行け」と言われたら詐欺を疑え
 架空請求詐欺だけではなく、振り込め詐欺にも注意したい。コンビニで支払番号を入力させる手口が増えている。
・突然来る「後払いの高額請求」は詐欺。完全無視で!
 メールが届いたり、ウェブサイト閲覧中に後払いの高額請求が表示されたりしても無視する。有料サイトは前払いか、事前登録させて支払わせるものであり、申し込み無しで後から請求が来ることはない。
・少しでも不安に思ったら「188(いやや!)」で電話相談を
 メールや電話で請求されて不安に思ったら、躊躇ちゅうちょなく消費者ホットライン「188(いやや!)」で相談を。支払ってしまった場合は警察に行くこと。

 有料サイトなどの架空請求詐欺は、高齢者の被害も増えている。高齢の親がいる人は、一度じっくり話して注意を促してほしい。

なるほど~~。こういう手もあったのね。
詐欺犯もよく考えるな。
ありとあらゆる可能性を探すんだろうな。
その努力をほかに向ければよいとも思うのだが・・・・。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




+675-7089-4091, +675-7089-4066 私にもかかってきてた詐欺電話

+675-7089-4091, +675-7089-4066 着信履歴を見ると海外からの着信が・・・・。
海外から買い付けをしているので、アリババで見つけた新しい業者かな?っと思ったけれど、+675の地域は無い。
調べてみたら、こんな記事があった
パプアニューギニアからの通話詐欺が横行中〜ソフトバンクが異例の注意喚起
2017年7月3日 20時36分 iPhone Mania

ふと着信履歴をみると、見知らぬ電話番号から着信あり。不審に思いつつも、重要な連絡ではないかと思って折り返した――携帯電話を持っているユーザーなら誰しも一度は経験がありそうなものですが、かかってきた電話番号の冒頭は、しっかりと確認した方がいいかも知れません。パプアニューギニアからの着信詐欺が横行しているようです。
このところ、電話番号が675で始まるナンバーからの着信が、ソフトバンクユーザーを中心に発生しているようです。着信は数秒ほどで切れ、うっかり折り返してしまうと、高額な通話料金の請求がユーザーのもとに行くというものです。ソフトバンクの場合、パプアニューギニアへの発信は30秒ごとに249円となっています。

着信のあった電話番号に共通しているのは、ナンバーが675−7089で始まるという点です。調べてみると、日本に限らず英語圏でも昨年の時点で、675-7089で始まる番号から怪しい電話が掛かってきたとの報告が、いくつか確認できます。
続きを読む
へ~~~ソフトバンク中心なんだ。
って私、三太郎のauなんですけど・・・・。
真っ先に思いついたのが、アリババ。
まさかアリババからの流出???っと疑ってしまっています。
でもアリババは、仕入先ポータルとしては捨てがたいんですよね。
アリババの場合たいていチャットで済ませてしまうから、電話掛ける事もないので、今後も無視すれば良いだけかと思いつつ、詐欺も国際的になったな~~っと思いました。
そして真っ先に巻き込まれている私・・・。
個人情報は大切に。





詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




詐欺相談窓口

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express