2017年1月20日金曜日

コンビニ決済詐欺135万円被害 県警が注意呼び掛け




2017/01/20 20:00 新潟日報
インターネットサイトの架空の契約を巡り約135万円をだまし取られたとして、県内の60代男性が20日までに、県警に被害を届け出た。男性は犯人の指示に従い、犯人が購入した電子マネーの決済用とみられる13桁の番号をコンビニエンスストアのレジで伝え、請求された額を支払ったという。県警は特殊詐欺事件とみて捜査し、同様の手口への注意を呼び掛けている。

 
 
県警捜査2課によると、男性が1月上旬、タブレット端末でアダルトサイトを閲覧すると「契約完了」の表示が出た。画面にあった番号に電話すると、相手の男から「訴訟になる」などとして、13桁の番号を伝えられた。

 捜査2課によると、県内では昨年、被害者にコンビニで電子マネーの決済金の支払いをさせる手口は数件確認されている。

ATMの詐欺は、まだ銀行の見守りが増えたから、それほど増加はしていないのだろうけど、コンビニ決済は野放しのようだね。
決済代行会社も、グレーやブラックと判っていても決済しちゃう場合もあるかもしれないね。
こういう所にもメスを入れて行かないと、決済方法だけを変えているだけで、詐欺は減らないだろうな。

詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




0 件のコメント:

コメントを投稿

詐欺相談窓口

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express