2017年2月12日日曜日

知らぬ間にスマホ契約していた!? 荷受け代行詐欺に多発。千葉県で弁護団が全国初結成




2017.2.10 14:30 産経新聞
届いた荷物を転送するだけで報酬が得られるといった誘い文句で個人情報を提供させ、知らない間に格安スマートホンを契約させる「荷受け代行詐欺」の被害が全国で相次いでいることを受け、千葉県内の弁護士約20人が被害対策のための弁護団を結成した。同種の詐欺被害のための弁護団は全国でも初とみられるという。

 

「荷受代行被害対策千葉県弁護団」によると、荷受け代行詐欺は犯行グループがインターネット上などで「届いた荷物を指定された住所に送ると収入が得られるアルバイト」などとうたい、応募者から無料通話アプリ「LINE(ライン)」などを通じて身分証明書といった個人情報を収集。その情報を悪用し、応募者名義でネット販売のスマホ事業者と契約。自分名義で契約されたと知らない応募者に、手元に届いたスマホをグループの元に転送させることで、転売や犯罪に使うスマホを入手する手口だという。

 神奈川県警が昨年10月、詐欺容疑で犯行グループの男3人を逮捕した。一方で、スマホの端末代金や通話料の支払いをめぐり、書類上の契約者である被害者と事業者との間でトラブルが相次ぎ、同12月に県弁護士会が無料の電話相談会を行ったところ、全国から「身に覚えのない請求がきている」といった相談が約70件寄せられたという。うち県内からの相談は17件。20代の相談が46件と全体の約6割を占めている。
続きを読む

こういうのって結構引っ掛かってそうな人いそう。
特に主婦層とか。
そりゃ自分で使ってないので身に覚えはないっすよね。
こう言った場合勝手に契約されているわけだから、どうなるんだろうねぇ。
詐欺師たちもいろいろと考えるな。

詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




0 件のコメント:

コメントを投稿

詐欺相談窓口

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express