2017年3月12日日曜日

ラオス投資 詐欺容疑で浅利祐作容疑者(40)ら逮捕…大阪府警




2017年03月11日 読売新聞
「ラオスに投資すれば利益が得られる」などとうそを言って金をだまし取ったとして、大阪府警は10日、会社役員・浅利祐作容疑者(40)(大阪市淀川区)ら4人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。府警は4人が容疑を認めているかどうか明らかにしていない。

 
 
発表では、4人は昨年5月、豊中市内の80歳代の女性宅を訪問し、「ラオスに投資してもらえれば金利のうち0・5%を渡す」などと持ちかけ、150万円をだまし取った疑い。

 4人は「ライフプランマネージメント」という社名を名乗って女性宅を訪問し、女性にラオスの紙幣である300万キープ(約4万円相当)を渡して信用させていたという。同社に対し、大阪や兵庫の高齢者ら約100人が計約1億2000万円を支払っていたとみられており、府警は関連を調べる。

投資詐欺も最近規模が小さくなりましたね。
それだけ情報が溢れているから、引っかかる人も少なくなってきているのかと思いますね。
引っかかった人はお気の毒さまというか、情弱というか。
しかし高齢者をターゲットにするとは悪質だ。

詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




0 件のコメント:

コメントを投稿

詐欺相談窓口

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express