2017年7月4日火曜日

詐欺新手口 コンビニ決済代行利用の「仮想通貨取引所」入金架空請求詐欺多発中

2017年07月04日 15時00分 読売新聞
国民生活センターは6月29日、「コンビニ払いを指示する架空請求にご注意!第2弾―新たな手口として仮想通貨購入用の口座が詐欺業者に利用されています―」とホームページで注意を呼びかけた。

 それによると犯人は、漫画サイトやアダルトサイトの利用料金などを電話で払うように脅し、コンビニにある情報端末を操作して入金するよう指示するという。

 犯人が悪用しているのは、ビットコインなどを売買できる「仮想通貨取引所(交換所)」の入金サービスだ。仮想通貨取引所では登録時に口座を作り、そこに日本円を入金して仮想通貨を売買する仕組みになっている。

国民生活センターによると、今回の手口は昨年11月ごろからあり、今までの相談件数は約20件。まだあまり被害は多くないものの、犯人にとって都合のいい手口であるだけに今後さらに広まる可能性がある。架空請求詐欺の相談件数は年々増えており、2016年は8万3000件にのぼった。改めて注意点をまとめておく。

・「コンビニの専用端末、マルチコピー機へ行け」と言われたら詐欺を疑え
 架空請求詐欺だけではなく、振り込め詐欺にも注意したい。コンビニで支払番号を入力させる手口が増えている。
・突然来る「後払いの高額請求」は詐欺。完全無視で!
 メールが届いたり、ウェブサイト閲覧中に後払いの高額請求が表示されたりしても無視する。有料サイトは前払いか、事前登録させて支払わせるものであり、申し込み無しで後から請求が来ることはない。
・少しでも不安に思ったら「188(いやや!)」で電話相談を
 メールや電話で請求されて不安に思ったら、躊躇ちゅうちょなく消費者ホットライン「188(いやや!)」で相談を。支払ってしまった場合は警察に行くこと。

 有料サイトなどの架空請求詐欺は、高齢者の被害も増えている。高齢の親がいる人は、一度じっくり話して注意を促してほしい。

なるほど~~。こういう手もあったのね。
詐欺犯もよく考えるな。
ありとあらゆる可能性を探すんだろうな。
その努力をほかに向ければよいとも思うのだが・・・・。






詐欺・犯罪証拠撮影用カメラ 超小型カメラ屋




0 件のコメント:

コメントを投稿

詐欺相談窓口

CuteCosplayers

最新!超小型カメラ最前線

セレブ達の生活ニュース

Fashion Beauty Express